相続税の申告に必要な準備は?

相談内容

相続人に迷惑を掛けない為にも、自分が亡くなる前に準備しておくことはありますか?

提案&解決

相続税の申告は亡くなってから10ヶ月以内の申告が必要となります。

手続きを早く済ます為にも、「エンディングノート」などを活用して、下記内容について、相続人に伝わるようにしておく事をお勧め致します。

◆遺言書の有無/どこに保管してあるかの記入もしておく。

◆不動産/固定資産税のかからない山林や原野も相続税の課税対象となりますので、権利書等、その所在地の分かるものをどこに保管してあるのか記入しておく。

◆預貯金/通帳・印鑑の保管場所を記入しておく。

◆貸付金/誰にいくら貸しているのか、返済方法、返済金額も記入しておく。

◆ゴルフ会員権/会員証の保管場所を記入しておく。

上記は相続税申告に関わる事ですが、それ以外にもお葬式についてや、納骨のご希望等も記載しておくと良いでしょう。

エンディングノートについては、今後セミナーも行っていく予定ですので、是非ご参加下さいませ。

注目されている記事

ファルベの相続なんでも相談室

ファルベプレミアムクラブについて

Premium財産診断

ご相談者様の声

採用情報

代表ブログ