相続税申告に必要な添付書類はコピーでもいいの?

相談内容

今回相続が発生し、相続税の申告が必要となりました。
申告書には添付書類が必要と聞きましたが、何を準備すればよいのでしょうか?
またコピーでもいいのでしょうか?

解決&提案

相続税の申告書には、相続人がだれか?遺産分割協議書に押印した印鑑は本人のものか?
などを確認するための添付書類を一緒に提出しなければなりません。

一般的に必要とされるものは以下のとおり。

① 被相続人の全ての相続人を明らかにする戸籍の謄本
(相続開始の日から10日を経過した日以後に作成されたもの)

② 遺言書の写し又は遺産分割協議書の写し 

③  相続人全員の印鑑証明書(遺産分割協議書に押印したもの) 

このうち①③は原本を、②はコピーを提出します。

①~③は相続財産の名義変更手続でも必要となる書類です。
原本を提出してしまうと、名義変更手続の際、再度取得することとなり
何度も役所へ足を運ぶこととなります。

名義変更用にもう一通、一緒にとっておかれることをお勧めします。
ただし、預貯金の名義変更時に提示する印鑑証明書は発行日より3ヶ月以内など
条件があるため、早く取り過ぎると無駄になることもありますのでご留意ください。

 

注目されている記事

レディングの相続なんでも相談室

レディングプレミアムクラブについて

Premium財産診断

ご相談者様の声

採用情報

代表ブログ