木下 勇人 代表税理士

木下勇人代表税理士

税理士法人レディング 代表税理士の木下勇人と申します。

名古屋では当時まだ存在しなかった相続専門税理士法人を立ち上げて早7年。本当の意味で「相続の専門家」になりたい。そんな気持ちをもって立ち上げたことを今でもしっかりと記憶しております。

では「相続の専門家」とは一体誰を指す言葉なのでしょうか。

世の中には多くの専門家がいます。弁護士、司法書士、行政書士を中心とした法律の専門家、不動産評価の専門家である不動産鑑定士、測量登記等の専門家である土地家屋調査士や測量士、不動産取引の専門家である宅地建物取引士、そして税務や会計を中心に数字を扱う専門家である税理士、公認会計士。それら全ての士業が「相続を取り扱う専門家」ではあります。しかし、「相続の専門家」ではないのです。

これだけ多くの専門家がいると相続が発生したときはどの専門家にお願いすればいいかわからない。そんな思いを自分自身が抱いたのが「相続の専門家」への第一歩でした。

当時その窓口を1人の専門家だけで出来る人はいませんでした。相続のことなら「この人に聞けばいい」それが「相続の専門家」です。

私が19歳のとき、私の父は45歳という若さでこの世を去りました。死因は「くも膜下出血」。早朝に倒れて夕方には帰らぬ人となりました。私の祖父母である親よりも先に亡くなってしまった私の父は親不孝者だったのかもしれません。でも、亡くなるとそれまで過ごした良き想い出だけが残ります。父は幸せな人生だったと今でも信じています。

人は亡くなると哀しみに暮れます。しかし、その後の手続きは嫌が応にも訪れ、各種期限に追われ、心身共に疲れ切ってしまいます。私も若くしてその経験をしました。そんな時に思ったのは「誰に聞いたらいいかわからない」。単純にそれだけでした。自分自身が困っているということは、同じように困っている人がたくさんいるのでは。自分と同じ思いをしている人の役に立ちたい。その思いが今の私の原点です。

税務・法務・評価・会社経営など、どんな窓口も私が行う。言葉で言うのは簡単ですが、実行するのは困難を極めます。

私は本当の意味での「相続の専門家」になるべく誰よりも勉強し、誰よりも経験を積んできました。その知識や経験値は誰にも負けないと自負しております。知識は生き物。今でも毎日ありとあらゆる分野の書籍やDVDに目を通し、ありとあらゆる分野の相談に応じ、日々研鑽しております。

また、自分自身を高めるべく、そして、税理士業界の発展に寄与するために、税理士向け研修講師も多く務めて参りました。今後、その方向は増加させていく所存です。税理士でも判断に迷う部分をお手伝いする。ここにもニーズがあります。また、相続が得意でない税理士事務所向けへのサポートを充実させていきます。

専門家の本質はサービス業。世の中が求めるならばそれに応じていくのがサービス業です。無形のサービスをお客様に提供し喜んでいただく。そのために自分自身を高めていくことが私のできることになります。

今ではお陰様で、私の知識や経験を必要としてくださる方から、たくさんのご依頼を頂いております。出来ましたら全部のご依頼にお応えしたいと思っておりますが、専門家としてのプライドを持って仕事に取り組んでおり、妥協のない無形サービスを提供することを第一にお客様と接しておりますゆえ、時間に限りがございます。残念ではございますが、他の専門家では出来ない、私でないと解決出来ない方を優先にお受けしたいと考えております。

税理士業=「サービス業」という考え方とともに、私が重視しているのが、相続=「人の問題」という考えです。換言すれば、税金だけを節税しただけでは何も解決できないという考えです。人間には感情があります。その感情を無視した進め方では「争」続になってしまいます。私のモットーは「お客様を揉めさせない」。この考えを持ってこれまでも仕事に取り組んで参りましたし、これからもその思いを持ち続けることをお約束致します。

レディングは今後も「高品質」を持続していくこと、「お客様満足」を追求していくことをお約束致します。

全ては同じように困っている人のために。

  • 税理士(登録番号:第111031号)
  • 公認会計士(登録番号:第22223号)
  • 登録政治資金監査人(登録番号:第3061号)
  • ファイナンシャル・プランナー
  • 不動産鑑定士第2次試験合格
1975年 愛知県生まれ
1994年 愛知県立旭丘高等学校卒業
1999年 南山大学経営学部卒業
2003年 監査法人トーマツ名古屋事務所
フィナンシャル・ソリューションズ部*入所
*相続・事業承継専門部署
2005年 税理士法人トーマツ(現 デロイト トーマツ税理士法人)
名古屋事務所 同部署移転に伴う転籍
2008年 公認会計士登録・税理士登録
公認会計士 木下事務所(現 木下勇人公認会計士事務所)開設
木下勇人税理士事務所 開設
2009年 税理士法人レディング開設 代表社員税理士就任
2013年 株式会社レディング(現 株式会社木下財産コンサルティング)開設
代表取締役就任

前田 智子 税理士

前田 智子 税理士

税理士法人レディング 社員税理士の前田と申します。

主に法人部門を担当しております。

弊社は相続専門税理士法人の名の通り、相続に関するありとあらゆるお手伝いをいたしております。その中で不動産の法人化により設立された法人や、事業承継・生前対策でご縁を頂きました経営者様の法人を主に担当しております。

今となっては珍しくない、「相続専門」という名前。どこもかしこも相続専門とうたっていて、どこがどう違うのか、かえって分かりづらくなっているのではないでしょうか。

では、レディングは他と何が違うのか。

プラスαを持っていること。それが違いです。

レディングのプラスα。

弊社はどの事務所にも先駆けて「相続専門」を続けて参りました。ゆえに、経験値が違います。他では解決できなかった相続にかかわるありとあらゆる問題を解決してきました。日々の経験の積み重ねは、高い知恵へと変わっていきます。どんなにいい知識を持っていても、それを使いこなす知恵がなければ、問題解決は出来ません。

レディングのプラスα。

木下、前田ともに自営の子として育ち、サラリーマンの子にはない多くの視点を持っています。お金の感覚が違うのです。そして今、自分たちも経営者だから言えること、分かることがたくさんあります。「税理士は先生業ではなくサービス業」そういう感覚が身にしみています。単に相続税の申告をするだけではなく、相続を取り巻く環境、相続後の未来を見据えたアドバイスをしています。

レディングのプラスα。

レディングには協力くださるたくさんの専門家がいます。その専門家たちもレディング同様、プロ中のプロ。協力くださるプロのスキルが欠けていては連携もうまくいきません。私たちはお付き合いさせて頂くプロを選んでおります。それは自分たちが最高のパフォーマンスをするために必要であり、それがお客様のためになるからです。

レディングのプラスα。

聞く力があること。ご相談に来られた方は、問題解決が目的ではありますが、方法論よりも先に聞いて欲しいという気持ちがどこかにあるのではないでしょうか。まずは聞いて欲しい。共感して欲しい。自分たちならどうしたいかを考えて、お話を聞くことを繰り返しているうちに、それがスタイルとなり、結果、ご支持を頂いていると感じております。

レディングのプラスα。

私たちはよく「あなたに相談してよかった」「あなたが担当でよかった」と言うお言葉を頂戴します。なぜか。木下、前田ともに言葉にならない人の気持ちや空気をくみ取る力が小さな頃より備わっており、きっとこんなお気持ちなんだろうと察することがとても得意です。この能力は得ようと思って得られるものではなく、天性のものだと思っております。相続を取り巻く問題は、人間関係が複雑に絡みます。どんなにいいご提案を差し上げても、実行出来なければ意味がありません。人間関係の調整が出来ることもレディングのプラスαです。

ありがたいことに、私どもを知って頂いたお客様は次のお客様をご紹介くださいます。顔をみて、実際に話をして、そして気に入って頂き、さらにご紹介まで頂けるのはとても幸せなことです。

すでにあるご縁を大切にし、まだ見ぬ出会いを楽しみにしております。
レディングのプラスα。ぜひご体感ください。

  • 税理士(登録番号:第105373号)
1978年 愛知県生まれ
1996年 愛知県立五条高等学校卒業
2000年 名古屋市立大学経済学部卒業
2004年 税理士法人トーマツ(現デロイト トーマツ税理士法人)入所
2009年 税理士登録
2009年 名古屋市内の税理士法人 入所
2015年 税理士法人レディング社員税理士就任​

レディングの相続なんでも相談室

レディングプレミアムクラブについて

Premium財産診断

ご相談者様の声

採用情報

代表ブログ