生保業界激震の噂から考えること

Twitterでは昨日ザワザワしてました

情報が錯綜している例の件

 

 

法人から個人的への名義変更(逓増定期保険)

いわゆる…名変プラン

 

 

これが塞がれるという噂

 

 

バレンタインショックから約2年後

生保業界を揺るがしています

 

 

それでも…

前回のバレンタインショックは

全生保会社に関係する内容でした

 

 

今回は…

今のところTwitterから伝わってくるのは

一部の生保会社に留まりそう

 

 

どちらにしても…

生保そのもの機能は何も変わらないです

処理の内容が変わるだけです

 

 

生保の本質そのものを改めて見つめ直す機会

そんな気がします

 

 

先日も…

当該保険の提案での連携を求められました

 

 

今回の税務リスクのみならず

法務リスクも多く内在していることに

多くの募集人さんは目を瞑っている感じがします

 

 

だって…

会社に損失を負わせて

被保険者である取締役個人が得する訳ですから

 

 

利益相反の役会決議だけで済む問題じゃない

当該取締役個人が100%株主であれば

そのリスクは排除できるかも知れません

 

 

それでも…

破産手続きに入れば破産管財人から

指摘される可能性だって残る

 

 

ましてや…

株主が複数存在すれば

株主代表訴訟リスクだってある

 

 

税務だけの視点であれば…

法人側が計上する雑損失に対して

役員賞与の認定可能性が残るだけ

 

 

この指摘可能性については言及を避けますが

税務だけの視点では社長をお守りできません

全体俯瞰の視点がどうしても必要になります

 

 

改めて…

全方位リスクを把握し

リスクを回避受容するのか意思決定し

その上でのリスク対応が必要となります

 

 

どんな内容のお話になるのかわかりませんが

それでも大切なのは

既契約のお客様をどうお守りするか

 

 

何よりも大切にすべきはお客様です

代表:木下勇人

税理士法人レディング 代表: 木下 勇人

愛知県津島市出身、愛知県立旭丘高校、南山大学経営学部卒業。
2003年監査法人トーマツ名古屋事務所 ファイナンシャルソリューションズ部(相続事業承継の専門部隊)に配属され、上場会社オーナー・上場会社級の非上場会社オーナーファミリーの事業承継対策に専門的に従事。
2009年名古屋で唯一の相続専門税理士法人を設立し、財産コンサルティング・自社株問題を抱えるオーナー社長への事業承継コンサルティングを中心に業務を展開。生前対策相談は年間200件を超え、様々なジャンルの相談に対応可能。税理士としての立場はもちろん税理士の枠を超えたコンサルティングには定評があり相続コンサルタントしても鋭意活動中。
顧客の本当の要望をしっかりと引出し、心情も踏まえたコンサルティングには定評がある。実務の傍ら、税理士向け・保険募集人向けに年間150回の研修講師活動にも力を入れている。

保有資格:公認会計士/税理士/宅地建物取引士/AFP/不動産鑑定士第2次試験合格

注目されている記事

レディングの相続なんでも相談室

Premium財産診断

ご相談者様の声

採用情報

代表ブログ

税理士と弁護士が実務・保険提案を支えます