自分と向き合う時間

▪︎自分と向き合う時間
今日はスタジオ収録
税理士向け動画をこんな感じで収録してます
20201113
防音の部屋でひとりぼっち
自分に語りかけること3時間(1時間×3本)
この時間…精神的にかなりシンドいっす
自分の顔見ながら話してもボルテージ上がらず
それでも今日は…
配偶者居住権を民法と税務の視点から検証
アウトプットしたおかげで頭の整理できました
この論点…
民法から入らないと理解できないです
1.民法からの検証と実務対応
2.税務(評価除く)からの検証と実務対応
3.税務(評価)からの検証と実務対応
No1 → No2 → No3 の順番でやらないと
全体像が全く掴めない
例えば…
親子の二世帯住宅であれば
そもそも配偶者居住権の設定‍♂️ですから(民法1028①)
将来的な売却や建替の場合には…
さてさてどんなリスクが埋もれてるか…
No3では…
国税庁公表の
・通達情報(相基通23の2-1〜23の2-6)
・質疑応答事例集(資産評価官)
も使いましたが…
これまたヘビーでした
まずは…
ベースになるケースから始めないと…
細か過ぎて理解できない感じですね
今後は…
・事前チェック事項
・事前シミュレーション(一次二次&小規模宅地の検証含む)
・使うケース、使わないケース
配偶者死亡を出口とする場合
節税余地が残ってますので説明責任として
検証が必要になってくるんでしょうね
ただ…
瞬間的な相続税節税のためという側面だけ捉えないで
遺された配偶者に視点を移さないと
意味のないものになってしまうかもしれません
3時間話しても全ての論点は潰せません‍♂️
厄介な制度を導入してくれたものです

代表:木下勇人

税理士法人レディング 代表: 木下 勇人

愛知県津島市出身、愛知県立旭丘高校、南山大学経営学部卒業。
2003年監査法人トーマツ名古屋事務所 ファイナンシャルソリューションズ部(相続事業承継の専門部隊)に配属され、上場会社オーナー・上場会社級の非上場会社オーナーファミリーの事業承継対策に専門的に従事。
2009年名古屋で唯一の相続専門税理士法人を設立し、財産コンサルティング・自社株問題を抱えるオーナー社長への事業承継コンサルティングを中心に業務を展開。生前対策相談は年間200件を超え、様々なジャンルの相談に対応可能。税理士としての立場はもちろん税理士の枠を超えたコンサルティングには定評があり相続コンサルタントしても鋭意活動中。
顧客の本当の要望をしっかりと引出し、心情も踏まえたコンサルティングには定評がある。実務の傍ら、税理士向け・保険募集人向けに年間150回の研修講師活動にも力を入れている。

保有資格:公認会計士/税理士/宅地建物取引士/AFP/不動産鑑定士第2次試験合格

注目されている記事

レディングの相続なんでも相談室

Premium財産診断

ご相談者様の声

採用情報

代表ブログ

税理士と弁護士が実務・保険提案を支えます