広大地(こうだいち)適用で相続税額の大幅な圧縮へ!

相談内容

遺産の大部分は土地。生前対策を何もしないまま相続発生へ

先月お亡くなりになったAさんの父。遺産の大部分が土地です。金額にして5億円。特に何も生前対策を行っていなかったため、このままでは相続税が払えない状況。相続が始まってからでも相続税を安くする方法はありませんか?

提案&解決

徹底的な土地調査で相続税を大幅に節税!

相続が始まってからでも相続税を安くする方法はあります。土地の減額要因を徹底的に調査することで土地の評価を下げることが可能です。

その中でも大幅に評価額を引下げることが可能な広大地は是非とも適用したい評価方法です!

【広大地評価で大幅に減額】

1つの利用区分が500㎡以上(岐阜などは1,000㎡以上)の土地に広大地評価を適用できることが判明し、約50%土地の評価を下げることに成功しました。土地の評価が下がったことによって、土地を1枚売却することで何とか相続税を現金で納付することができました。

【国税庁HPより】

http://www.nta.go.jp/taxanswer/hyoka/4610.htm

広大地については、この論点だけで本1冊ができるあがるぐらい複雑な評価方法です。

しかも、認められれば半分以上評価額が下がり、認められなければ全く評価減がないというものになります。

つまり、0 か 100 のいずれかの評価となってしまうため、その適用には慎重さを要します。

他の機会で再度取り上げていきたいと思います。

 

広大地に該当するかなど、ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。

注目されている記事

レディングの相続なんでも相談室

レディングプレミアムクラブについて

Premium財産診断

ご相談者様の声

採用情報

代表ブログ